VISION

もっと安く

宇宙用の機器は地上用に比べて、性能に加えて安全性や信頼性検証などの要求事項が多く、適合させるための開発コストが非常に高くなります。Space Cubicsは、これまで多くの宇宙での使用実績のある民生コンピューターの設計者と、宇宙開発の経験から培った多くの設計検証ノウハウを持つJAXAエンジニアがタッグを組み、「JAXAベンチャー」として信頼性の高い宇宙用コンピューターを安価に提供します。そして、宇宙機器の開発コストを大きく削減します。

もっと手軽に

たとえ優れた技術があったとしても、宇宙開発の経験がない企業・団体にとって宇宙開発は簡単なものではありません。宇宙開発に興味はあっても、どこから手を付けて良いのか分からず、企画段階で頓挫してしまうケースが多く見受けられます。Space Cubicsは、宇宙に興味のある企業・団体が手軽に宇宙開発に参入できるように宇宙開発のトータルサポートを提供します。

誰でも宇宙へ

Space Cubicsは低価格な宇宙用の機器とトータルサポートを提供することで、宇宙開発への参入を手軽にし、日本はもとよりアジアを中心とした民間の宇宙産業発展に貢献します。多くの企業や団体そして個人までもが宇宙開発に参入することにより、宇宙に対するニーズが飛躍的に拡大して新たな産業が生まれ育っていくこと、それがSpace Cubicsの設立目的です。


そしていつの日か、月にホテルが建ち、誰もが宇宙に行ける時代の実現を目指します。

MEMBER

荘司靖 (Yasushi Shoji)

CEO

Software Engineer


2000年にSalem State Univ., MA, USA 卒業。2002年より組み込みCPUボード開発に従事。幅広い知識と経験を生かし、2016年に宇宙用ドローンの統括ソフトウェア開発を担当。

佐々木大輔 (Daisuke Sasaki)

CTO

LSI Logic Engineer


2001年から11年間 国内半導体企業にてLSIの開発における幅広い設計工程を経験。2013年から自ら設計したLSIを搭載した組み込みCPUボードの開発を経験しソフトウェアまで知識領域を持つ。

後藤雅享 (Masayuki Goto)

CMO

Space Development


2002年よりJAXAにて有人宇宙開発に従事。国際宇宙ステーションに搭載する数々の機器開発プロジェクトを担当し、広い分野での開発・打上げ・運用経験を持つ。JAXAと民間の両面から宇宙開発の発展を目指す。

森島 史仁 (Fumito Morishima)

CFO

Sales, Finance Control


2000年から16年間、組み込みCPUボードメーカーにて開発・営業・マーケティング・経営に携わり、幅広いビジネススキルを習得。また東南アジアで事業を興しており、アジアにコネクションを持つ。



佐々木拓也 (Takuya Sasaki)

CBO

Software Engineer, Sales


1998年から国内電機メーカーのソフトウェアエンジニアとして主に官公庁向けのネットワーク管理システムの開発に従事。2013年から組み込みCPUボードメーカーのFAEとして、数多くの顧客の開発、量産をサポートしてきた。

川岡圭一 (Keiichi Kawaoka)

CPO

Hardware Engineer 


ハードウェア開発・回路設計に従事したのち、組み込みCPUボードの量産に携わり、部品調達・量産製造・品質管理に関する深い知見を持つ。高い品質と安価な製造を両立させる点が強み。

会社紹介 - About us

合同会社Space Cubics

〒060-0053 北海道札幌市中央区南3条東2丁目1番地 ベンチャースクエア302