Product Concept

コスト削減と信頼性

宇宙機器の開発では、予算が限られているため、安価な汎用コンピュータを採用することがありますが、放射線が非常に強い宇宙空間での動作に対する信頼性に不安が残るかもしれません。信頼性を高めるためには、放射線耐性が高い部品が搭載されたコンピュータを採用する選択肢がありますが、これらの製品は高価格であり、かつ製品を購入するだけでは宇宙でのミッションで起こる全てのトラブルを解決できるわけではありません。

Space Cubicsは、低コストでありながら、宇宙機器に必要な高い信頼性を持つ製品を提供します。

耐障害性

一般に、ほとんどの高信頼性コンピュータには耐障害性機能が標準で備わっていません。

たとえ放射線耐性が高い部品が搭載されているコンピュータでも、強い放射線によって引き起こされる障害(記憶されているデータが化けてしまうなど)が起こることがあります。宇宙機器の場合、ハードウェアに障害が発生しても部品交換はできず、またソフトウェアの問題でも地上から復旧は困難です。

Space Cubicsの製品は障害は必ず起こるものだという前提のもと、障害からの速やかな復旧が重要だと考えに基づき、多くの耐障害性機能を備えています。例えば、コンピュータを複数台同時に稼働・連携することで冗長性を持たせたり、データ異常が発生することを想定して同じデータを複数個所に保存し、多数決でデータの正当性を判定する機能を備えているので、障害が発生したコンピュータやデータを自動で復旧することができます。

使いやすさ

Space Cubicsの製品の最も良いところは、自分たちのミッションに必要な機能の開発だけに専念することができることです。我々の製品には、耐障害性機能以外にも、宇宙機器でよく使用されるミドルウェアやプロトコル(ISS互換ネットワークプロトコル、TTEthernet、cFSなど)や、宇宙以外の分野でよく使われているROS(Robot Operating System)などもサポートします。また、ソフトウェアやハードウェア(CPUボード、FPGA)のカスタム開発やコンサルティングも承ります。


Space Cubicsは低価格な宇宙用コンピュータと宇宙開発に関するトータルサポートを提供することで、宇宙開発への参入を手軽にし、日本はもとよりアジアを中心とした民間の宇宙産業発展に貢献します。

Demo Video

現在開発中の宇宙用民生コンピュータプロトタイプの紹介動画です。主に以下のような機能が搭載されています。

・データ冗長保管

・3重多数決冗長

・異常停止復旧機能

・宇宙用通信プロトコル適合

・映像リアルタイム配信

Target Specification

基本機能

・CPU/FPGA搭載

・cFS/ROS対応

・Ethernet、UART

・静電気耐性:4kV以上

・使用温度:‐40℃~+85℃

信頼性

 ECCメモリ、データ冗長保管、ウォッチドッグ、プログラム整合チェック、プログラム冗長化、コマンド・テレメトリ整合チェック、三重多数決冗長 、  冗長構成、過電流・過電圧・過温度遮断 、遠隔アップデート 

安全性

可燃性対応、オフガス対応、シャープエッジ対策、飛散物質、EMC対応(SSP30237準拠)、バッテリー安全対応(EP-Form提示) 、ワイヤーサイズ要求適合、低電圧・低消費電流、回転体無し・駆動部無し、開口面積比要求対応、電気ハザード対応、ソフトウェア安全対応(CBCS要求のGeneral Requirementのみ) 、セキュリティー機能

宇宙対応設計

液体コンデンサ不使用、コンフォーマルコーティング、ISS「きぼう」モジュールEthernet(LEHX)仕様適合、TTEthernet対応

その他

・耐真空:0.13x10^(-7) ~1.034 atmで稼働

・構造:HTV、SpaceX、Cygnus打上げを想定

提示文書

部品リスト、材料リスト(MIUL)、構造解析書、熱解析書、電気設計書、ディレーティング解析書、等価回路モデル、ソフトウェア設計書、安全評価報告書の源泉データ、FMEA、図面、検査成績書、取扱説明書、通信パケットデータ

Notice

現在開発中のため仕様は変更となる可能性があります。ユーザーのご要望を多く取り入れたいためリクエストがある方は是非お問合せ下さい。

問合せページに移動